アライズ・フォー・コミュニティー・ビジネス(A4CB)

NGOのミッション:アライズ・フォー・コミュニティー・ビジネスは、シカゴエリアの起業家が地域社会で事業を成功・成長させるために必要な資金、コーチング、協力を提供することを目指しています。

 

助成金の使用目的:アライズ・フォー・コミュニティー・ビジネスは、マイノリティーの人々が経営する小規模事業に対して、事業の成長に必要なマイクロローンやコーチングを提供しています。パンデミックが始まって以来、A4CBのサービスに対する需要は劇的に高まりました。2019年にA4CBが行った融資の件数は380件、総額は320万米ドルであったのに対し、2020年は1,522件、総額は3,500万米ドル近くまで増加しました。また、コーチングを提供したクライアントの数も、2019年は3,500社であったのに対し、2020年は16,000社以上にまで増えています。

 

25年以上にわたり経済開発に携わってきた経験から、A4CBは、小規模事業のオーナーに資金援助やコーチング、協力を提供することで、富と雇用が生み出されること、それが低所得者、有色人種、女性にとって特に顕著なことを認識しています。A4CBが支援した会社は、A4CBによる融資を得てから2年後の存続率が96%であり、同じく融資2年後に、68%の会社が平均4人の従業員(オーナーを除く)を雇用しています。

 

A4CBは、クライアントに手ごろなクレジットや他のビジネスツールを提供することにより、クライアントが地元で活気ある事業を築くことを支援しています。そしてそれが、新たな雇用や新たな収入源を生み出し、最終的には、十分なサービスを提供されていない家族や地域社会に豊かさをもたらすための新たな道筋へとつながっています。さらに、パンデミックによって拡大した所得・資産格差を埋める可能性も有しています。